ヘアカラー剤の種類

美容院でカラーリングを行う人もいるでしょう。
その際は様々なヘアカラー剤を用いますが、それぞれに特徴があります。
ここでは、このヘアカラー剤を紹介します。

・ブリーチ

美容院でカラーリングを行う時は、様々なヘアカラー剤を用います。
その一つが「ブリーチ」、いわゆる脱色剤であり、髪の毛を明るくしてくれる作用を持っています。
その仕組みですが、ブリーチに配合されているアルカリ剤に特徴があります。
このアルカリ剤が髪のキューティクルを開き、毛髪内のあるメラニン色素を分解してくれるのです。
その結果、髪の毛の色が明るくなります。
ブリーチは脱色が目的の薬剤ということもあり、髪を明るくすることしができません。
そのため暗い色など、色のバリエーションは期待できません。

・ヘアカラー

次にヘアカラー、いわゆる永久染毛剤で、こちらは脱色を行いながら染めていきます。
ヘアカラーは、髪を明るくしたり希望の色を出したりできるのが特徴です。
一度カラーリングすれば、シャンプーをしても色が落ちることはありません。
効果は人によって異なりますが、平均では2〜3カ月程度持続しているようです。
しかし、肌に対する負担も大きく、アレルギー反応などの心配もありますので、必ずパッチテストを行う必要があります。

・ヘアマニキュア

次はヘアマニュキア、いわゆる半永久染毛料です。
こちらはバリエーションの幅が広く、髪につやと潤いを与えることができます。

・一時着色料

最後は一時着色料で、こちらはスプレーなどを使用し、毛髪の表面に一時的に着色剤を付着させる方法です。
シャンプーなどで簡単に落とせるのが特徴です。

・ヘアカラー剤の確認を

美容院で行うカラーリングでは、様々なヘアカラー剤を利用します。
それぞれに特徴がありますので、利用する前にその内容を確認しておくといいでしょう。

関連する記事